カバーケースへの印刷方法|多様な資材への印刷に立会い・相談しながら製作できるオープンファクトリー|株式会社プロネート

カバーケースへの印刷方法

カバーケースへの印刷方法とそれぞれの特徴についてご説明いたします。

タブレットPCやスマートフォンのカバーケースへの印刷方法は、カバーケースの素材や形態によっても選択肢が変わってきます。下記に代表的な印刷方式をご紹介します。

UVインクジェット印刷は幅広い表現が可能

「UV-LED硬化型インクジェット印刷」は紫外線で硬化するタイプのインクでプリントする方法です。TPU(ウレタン樹脂)製のソフトカバーや合成皮革(PUレザー)製の手帳型カバー、表面に天然木を使用したウッドケースカバー等、プリントできる素材の選択肢が多いのが特長となります。作業工程が比較的少なく、短期間かつ安価にオリジナルのカバーケースを生産したい場合に向いています。ケースの背面のみプリントする場合は、この印刷方式が採用されています。

印刷した表面はザラザラとした感触です。また、ダイレクトプリントゆえに、引っ掻き傷に弱いというデメリットもあります。
iPad用カバーケースへの印刷事例
iPad用カバーケースへの印刷事例

クオリティ重視なら昇華転写印刷

正式には「真空圧着昇華転写方式」と言い、グラフィックを印刷したシートをカバーケースへ真空圧着させ、熱によって転写する方法です。UVインクジェット印刷と比較して発色が良く、カバーケース側面への印刷も可能。さらに、インクがケースに染み込む性質から傷がつきにくいという特長があります。

昇華転写で印刷した表面はツルツルとした感触になります。熱に弱い素材への印刷には不向きで、印刷通販サイトではポリカーボネート製の白いハードカバーのみの対応となっているところが多いようです。

弊社ではUVインクジェットプリントによるカバーケースへの印刷を、ロット1部より受け付けております。カバーケースへの印刷事例や関連コンテンツをご覧になりたい方は、下記の「カバーケース印刷」をクリックしてください。

ご注文に関するご質問や御見積のご要望は、
お問い合わせフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム
Copyright©2006-2019 Pronate Inc, All Rights Reserved.